武田 総務 大臣。 武田総務大臣「サブブランド値下げは羊頭狗肉」――メインブランド値下げ要請で「アクションプラン」が台無しに

武田総務大臣の「値下げで誠意を見せて」発言にKDDIがコメント

この会合を踏まえてKDDIとソフトバンクがブランド間の手数料を見直したことについては「改善に向けて早くも一定の成果が表れたものだと認識している」とコメントした。 これまで料金面でMVNOに魅力を感じた人であってもサブブランドを含む大手携帯各社の新料金プランのほうを選ぶ人が増えるかもしれない。 しかし、無用な部分が料金に乗っているんです。

13

武田総務大臣、大手値下げと乗り換えハードル撤廃で「MVNOに一番恩恵ある」(Impress Watch)

利用者が実際に事業者や料金プランを乗換える際に、本当に余計な手間やコストがかかっていないか、実務者レベルで引き続き精査する必要がある」と念を押した。

総務省|総務大臣

二人以上の世帯の10月の消費支出は、1年前に比べ名目1.4%の増加、実質1.9%の増加となりました。 今後の新型コロナウイルス感染症の状況を見ながら、引き続き物価動向を注視してまいります。 2020年9月17日午前10時より、合同庁舎2号内総務省8階記者会見室で、武田良太新総務大臣の就任後初会見が開催された。

14

[KDDI高橋社長、20日の武田総務大臣の発言に「UQの新プランに移行進む」「auは5G、UQは4Gで展開する」]

今回の記事は2020年11月28日に配信されたものです。 ほとんどの人が恩恵を預かれない制度は改革と言えない」と気色ばみながら答えた。 関連リンク• 将来的にグループ内での囲い込みが強化されるのは目に見えているわけで、アクション・プランも無用の長物と化す可能性がある。

総務省内に動揺走る…武田総務相就任の怪と“危うさ” 閣僚候補にスキャンダルか

問: ありがとうございました。 そうで今も繁華街を飲み歩くなど豪快で迫力の ある人物評もあり、 わんぱくな印象は今も昔も 変わらないようです。

7

武田総務大臣が大手キャリアの「ブランド間乗り換え」の問題点を指摘 KDDIとソフトバンクはどう受け止めた?(ITmedia Mobile)

答: 先ほど申し上げたように、コメントにあえてコメントするというのはいかがなものかと思いますけれども、非常に私はがっかりしたし、残念な思いもいたしました。

3

総務省|武田総務大臣閣議後記者会見の概要(令和2年11月20日)

公共の電波を使っているという立場を十分認識した上で、コロナ禍における社会貢献、日本を代表する企業ですから、利潤を追うのはわかりますけれども、その向こうには人や社会に貢献することが企業のある意味で大きな役割と思いますので、しっかりと実行に移して、国民から信用され、納得のいく制度を生み出して、低廉化を生み出していただきたいと考えています。 菅内閣が求める携帯料金の値下げについて、KDDIがメインブランドのauではなく、サブブランドのUQモバイルで対応したことについて、auからUQモバイルへの移行コストが最大で1万5500円かかる点を問題視しました。 また、MNP手数料の無償化もすでに議論されており、武田総務相の肝いりであるアクション・プランにも盛り込まれている。

5

武田良太の父親や母親の家系が凄い!妻や子供に耳が個性的な理由

この記事について この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。 固定資産税の軽減措置 問: 来年度税制改正の議論で、固定資産税の負担抑制策が焦点になっていますけれども、与党内で宅地にも負担抑制を広げるよう求める意見もあるようですけれども、総務省としての対応をお聞かせください。 ハードルを取っ払ってくださいと。

11

武田総務大臣、ドコモの「ahamo」は「競争を導く大きなきっかけになる」と評価(ITmedia Mobile)

安くて分かりやすく、納得感のある料金やサービスを実現すべく、今後の政策立案に役立てることが会の目的。 「河野総務相就任の話がつぶれたのは、15日夕に菅首相と加藤勝信官房長官が会談し、正式に官房長官への就任を打診した後です。

5