住宅 用 家屋 証明 書。 住宅用家屋証明申請書って何?詳しく解説します!

住宅用家屋証明書をとりたい(中古住宅等を取得した場合) 市原市

その際に、住宅の所有権の保存登記・移転登記や抵当権設定登記などを行う必要がありますが、その際に登録免許税が発生します。 床面積が50平方メートル以上であること(区分建物の場合は、当該区分に対して)。 必要書類 個人が新築した家屋について証明を受けようとする場合• ページ番号1003427 更新日 令和2年7月31日 住宅用家屋証明書は、個人が住宅を新築または取得して自己の住宅として居住し、一定の要件にあてはまる場合に区市町村で発行する証明書です。

2

住宅用家屋証明書についてのご案内|足立区

未入居の場合の必要書類については、このページの最後にあります。

14

住宅用家屋証明書 とは

写し 3 本人の住民票または戸籍の附票 写し 4 確認済証及び検査済証(当該家屋が建築確認を要しないものであるときは、建築工事請負書、設計図書等) 写し 5 次の(1)~(3)のいずれか1点• 登記完了証 書面申請 および登記所で受理の記録のある登記申請書 B. 登記事項証明書 または、インターネット登記情報提供サービスより取得した、照会番号、発行年月日の記載のある登記情報• 住宅用家屋証明とは 住宅用家屋証明とは、登記を行う際に課税される登録免許税の軽減措置を受けるための証明書です。 (3)資金の貸付等に係る債務の保証契約書または抵当権設定契約証書(求償権用)の写し 5 特定認定長期優良住宅または認定低炭素住宅を申請する方へ 特定認定長期優良住宅または認定低炭素住宅につきましては、登録免許税軽減申請以外の各種申請の際に添付書類として住宅用家屋証明が必要となる場合がございますので、法務局での登記手続きの際には 「原本還付」を求めることを推奨いたします。

17

住宅用家屋証明書についてのご案内|足立区

取得の日から20年以内に建築された建物(石造、れんが造、コンクリート造、コンクリートブロック造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物については、取得の日から25年以内に建築された建物であること。

20

住宅用家屋証明書

(1) 特定認定長期優良住宅の場合は、長期優良住宅建築等計画の認定申請書の副本および認定通知書の写し(提出) (2) 認定低炭素住宅の場合は、低炭素建築物新築等計画の認定申請書の副本および認定通知書の写し(提出) 建築後使用されたことのない家屋(建売住宅、分譲マンション) 証明を受ける条件• この記事の目次• この「一定の要件を満たしている」ということを証明するものが、市区町村が発行する 住宅用家屋証明です。 登記完了証および登記申請書(受領証) または登記事項証明書 写し可) インターネット登記情報提供サービスより取得した書類可 2. 郵送の場合は以下の2点も必要書類と合わせて同封してください。

16

住宅用家屋証明について|仙台市

都市開発部建築指導課調査係 区役所第三庁舎1階 電話03-5662-1104 ダイヤルイン 手数料 一通1,300円 要件• イ 認定通知書(同第二号様式)• (2) 新耐震基準を満たすことの証明のある建築後25年超(耐火建築物)または20年超(耐火建築物以外)の家屋であること。 専用住宅証明書、登録免許税の減税証明書などとも呼ばれるが、書面の名称は発行する各市区町村によって異なる。 該当の家屋の床面積が50平方メートル以上であること。

3