伊那 谷 ねっと。 伊那谷マインド

中村不折に続け!書道展 受賞作品並ぶ|ニュース|伊那谷ねっと

ドライブスルーには上伊那の飲食店26店舗が参加していて、店で提供している弁当などを出品しました。 Copyright C 2021 InaCATV. 「消費」する主体は、本質的に「コト=共有する時間や過程(そこにおける関係性)」の外側に位置付けられているのである。 各店舗がテイクアウト料理を出品し、訪れた人は買い物を楽しんでいました。

5

伊那谷マインド

そしてその発展が、農業が危機に立つ今、まさに求められている。 しかし、それを受け入れる農家の側・地域の側からすれば、それはほんの出発点に過ぎず、むしろそこから、継続的に農産物を買ってくれたり、その地を繰り返し訪れ一緒に農作業をしてくれたり、できれば移住してくれたりすることを望んでいるわけである。

伊那谷ねっと 小河内東西線

地域から選ぶ• また、予約なしでも料理が購入できるよう当日販売も行われ、キッチンカー12店舗が並びました。

18

ドライブスルー・テイクアウトフェス|ニュース|伊那谷ねっと

それは、「都会の人はこんなに農業体験を楽しく感じているのに、農家の人はそれに気づかない。 3月3日からは伊那文化会館で全作品が展示され、7日に表彰式が予定されています。 また他方で、人口減少から集落「消滅」へ進むと指摘された地方の自治体や住民の危機感もある。

伊那谷ねっと|伊那谷から長野県南部からニュースや地域情報をお届け!

正午には、事前予約をした客が会場を訪れ、車に乗ったまま、料理を受け取っていました。 「触れ合う」こと、「触れ合ってもらうこと」 疑問や違和 感を抱いているのは筆者だけではない。 展示会は22日まで開かれています。

8

中村不折に続け!書道展 受賞作品並ぶ|ニュース|伊那谷ねっと

Copyright C 2021 InaCATV. 特に過疎化が進む中山間地の農業集落などでは、さらに「福祉」のモメントも組み込んだ複合的な地域づくりの取組みが不可欠だと考えている。

中村不折に続け!書道展 受賞作品並ぶ|ニュース|伊那谷ねっと

「農泊」ブームの中で、消費者・旅行者目線の大手企業などの「地域づくり」提案が、外在的なものになってしまうのは、案外「コト消費」という発想そのものの欠陥の故なのかもしれない。 事前予約は、約70食分用意されました。

11

伊那谷ねっと|伊那谷から長野県南部からニュースや地域情報をお届け!

こちらは、南箕輪村のラーメン将太のチャーシューメンです。 昨今の「農泊」ブームの中では、「モノ消費からコト消費への転換」という言葉がよく使われている。 マーケットインの視点がないのだ」と、農家や地域の人について考えているからだ。

中村不折に続け!書道展 受賞作品並ぶ|ニュース|伊那谷ねっと

そうした視点からすれば、現状の「農泊」ブームは、ある意味では歓迎するべきものでもあるのだが、しかし、他面で、「このままでは『地方』はますます疲弊するばかりではないか?」と危機感を抱くこともある。 アルプス中央信用金庫本店には、最高賞の中村不折賞や金・銀・銅賞を含む100点の受賞作品が展示されています。

13