エクエル 乳がん。 エクオールの効果・効能10選と副作用|乳がんとの関係は?

大豆イソフラボンは乳がんリスクを上げる? 下げる?(大西睦子)

エクオールとは女性に嬉しい効果が期待できる大豆イソフラボンが腸内細菌の働きにより変化した成分で、イソフラボンよりもしっかりと効果を感じられるといいます。 また研究デザインとしては、コホート研究とコホート内症例対照研究、症例対照研究の3種類がありました。

16

エクオールを4カ月続けてみた感想

また、「乳腺症」「子宮内膜症」「子宮筋腫」などの、「女性ホルモン」が大きく関係してくる「疾患」に対しても、「エクオール」の「産生率」を上げ、しっかりと「腸内環境」や「ホルモンバランス」を整えてあげることで、そのリスクを軽減させることにもつながっていくでしょう。 そのため、妊娠せずに生理の回数が増えればエストロゲンの分泌期間が長くなります。 ホルモン治療に抵抗のある方にもおすすめです。

10

エクオールと女性の健康について

ドライアイもそうですし、 女性器も乾燥して性交痛が出ることも。 焦ったり、急かされているような感覚がなくなって、これから先のことを落ち着いて考えらえれるようになりました。 手足が冷える・しびれる• しかし、女性ホルモンを過剰に摂取すると何らかの副作用が起こる心配があるもの、それは大豆イソフラボンでも同じでエクオール含有食品などから必要以上に摂取することで子宮筋腫が大きくなったりすることもあるといいます。

16

エクオールの副作用 乳がんと抗エストロゲン作用について

「エクオールの効果」一覧. 乳がんリスクの低減ではなくリスクの増加がないことは動物実験レベルで証明されています。 運動:閉経後の運動には乳がんの予防効果があると考えられています• 大豆製品 納豆・豆乳・豆腐など• エストロゲン分泌期間が長いというのも過剰分泌のひとつです。 食事:閉経後の脂質の取りすぎはリスクを高める可能性があります• 小林製薬 命の母 エクオールは、1日の摂取目安量が発酵大豆イソフラボン28mgで、エクオール2mg、イソフラボンアグリコン26mgなので、過剰摂取しない限り副作用の心配はないと判断できます。

3

エクオールに副作用はある?

すでに乳がんを発症している人は医師に相談しておきたいですが、健康な状態で、適切な量を守っていれば、特別乳がんのリスクが高まるという心配はないと言えるでしょう。

13

エクオールは何歳から何歳まで(いつから・いつまで)飲むべき!?効果を発揮する年齢をご紹介

不眠症である• ご不明なことがございましたら、ください。 エクオールは医薬品ではなく、自然由来のサプリメント、つまり栄養補助食品ですのでアレルギーや妊娠・授乳中でなければまず副作用の心配はないと言えます。 そのうち26の研究は閉経前と後の女性について、4つの研究は閉経前の女性のみ、5つの研究は閉経後の女性のみについて評価したものでした(つまり閉経前の女性について評価したものが30研究、閉経後の女性について評価したのが31研究)。

8