付随 する 意味。 「付随」の類語・意味や別の表現方法(言い換え・言い回し):類語・類義語(同義語)辞典

「付随」の意味とは?使用例や類語「付帯」との違い・英語訳

付帯の意味 付帯とは 付帯とは、 主となる物事に付け加えることや付け加わることを意味しています。 「付帯業務」という言葉の意味 付帯業務とは、企業のメイン業務として利益を生み出す「主体業務」に対する言葉で、単体では利益を生み出さない業務のことをいいます。

6

漢字の使い方です。“付随”と“附随”の意味の違いについて教えてください...

「付帯」は意図的につけるもの と考えてもよいでしょう。 また、責任を負う立場になると売上計算や販売計画を手伝うこともあります。

「付随」の意味とは?使用例や類語「付帯」との違い・英語訳

基本的には、どちらも使うことができます。

4

「付随する業務」の例・意味と使い方・作業との違い|覚書

また、一緒に連れて行くこと」 「付随」は「主たる物事にある物事が関連して発生すること」 「随伴」は「お供する」ということなので、「社長に随伴してパーティーに参加する」などと使います。

7

附属と付属の違いとは?意味や使い分けを解説

主に大学側が、教育実習などを行うために設立されます。 順を追って説明していきます。

1

付帯業務とはどんな業務?削減すべき理由や方法、適した外注先も紹介

業績に直結しない付帯業務に時間をとられず、本来行うべき主体業務に集中できるようになるためです。

1

「付随」の意味と使い方、類語「付帯・付属・随伴・追随」との違い

ある物事に関連して自然的に発生する業務のことです。