ビウレット 反応。 第126章 実験-タンパク質

タンパク質の定量法 【ビウレット・BCA法やBradford法】

この異 性体は,対掌体,鏡像体の関係にある立体異性体で,光学的性質だけが異なること から光学異性体と呼ばれている ときには,結晶形が左右逆になることもある。 そのアミノ基が関与するのでしょう。 それでは,この章の学習内容の確認です。

11

3

このことより,遊離したアミノ基-NH 2をもっていることがわかりますね。 これがビウレット反応ですね。 2.卵白水溶液に濃塩酸やエタノールを加えると,白く凝固します。

5

タンパク質の定量法 【ビウレット・BCA法やBradford法】

これは構成する芳香族アミノ酸(特にチロシン、トリプトファン)に起因するもので、吸収スペクトルでは波長 280 nm付近の紫外線に吸収極大を示します。 いくつかの派生形も考え出されており、BCA法やなどがその一例となる。 タンパク質の溶解 では、アミノ酸単体が両性電解質である様子を説明しましたが、タンパク質全体としても 両性電解質としての性質を示します。

8

ビウレット反応

診断用には使用いただけません。 ビウレット法に比べて感度が高い呈色法です。

18

アミノ酸・タンパク質の検出反応を語呂による覚え方

4 卵白水溶液を2mLに濃塩酸を1滴ずつ変化がみられるまで加える。

1

第127章 タンパク質の性質

NaClを加える理由は,水に不要なグロブリンを溶かし,溶液を透明にするためです。 ビューレット反応という呼び名は、もともと有機化合物のビューレット(NH2-CO-NH-CO-NH2)が銅イオンとキレート錯体を形成することに由来します。

18

第127章 タンパク質の性質

等電点付近ではタンパク質の溶解度が最も低いため、熱変性を最も受けやすい。 オ:アミノ酸に無水酢酸を作用させるとカルボキシ基がアセチル化され、酸としての性質を失う。 2週間に1回のペースで、サイトの更新情報や、それらをまとめた解説記事をニュースレターとして発行しています。

16