トヨタ 決算 発表。 トヨタの第2四半期決算は「決して成り行きではない」、豊田章男社長のスピーチ全文

トヨタ自動車【7203】2021年度決算発表と今期予想

本日は、第2四半期決算の発表内容を踏まえ、トヨタの経営をあずかる私の想いをお話いたします。

8

トヨタ自動車【7203】2021年度決算発表と今期予想

来年3月期の予測については「合理的な算定ができない」という説明のみで未公開となった。

8

2020年3月期 決算説明会

資本の論理で傘下に収めるのではなく、志を同じくする仲間をリスペクトし、仕事を通じて連携していくというのが私たちの基本スタンスです。 これまでのトヨタグループの連携についても、「ホーム&アウェイ」という新しい選択のもと、個社としてだけではなく、グループとして共に強くなるという考え方に大きく変えてまいりました。

トヨタ、2021年3月期 第1四半期決算を発表。営業利益139億円、純利益1588億円の黒字確保

佃 義夫 [佃モビリティ総研代表] つくだ・よしお/1970年、創刊86周年 2014年2月時点 の歴史を持つ自動車産業日刊専門紙『日刊自動車新聞社』入社、編集局に配属。

本日の決算発表予定 … トヨタ、ホンダ、NTTなど 365社 (11月6日)

それは、「守り続けること」、「やり続けること」は、決して簡単なことではないということです。

トヨタ、2021年3月期 第1四半期決算を発表。営業利益139億円、純利益1588億円の黒字確保

春の交渉をはじめとする、従業員とのコミュニケーションについても本気で本音で向き合ってまいりました。 営業利益は前年比でマイナスの -1. 私たちは今大きなチャンスを与えられているのかもしれません。 この想いは、コロナ危機だから生まれたものではありません。