エコノミスト 2021。 【予言】エコノミスト2021表紙の怖い暗示! グレートリセット、イルミナティ、数字の「21」、日本に脅迫、大島てるが…!

世界経済は同時回復へ、来年3月から勢い増す- モルガン・スタンレー

— Tamaleah EDFtamaleah ちょっとだけ 解説すると アメリカの株価が 下がる可能性が高い アメリカの国民は 資産を株式で持っているので 株価が下がると 消費できなくなるからだ === では なぜ 株価が下がるのかと言えば 自社株の購入が減るからだ アメリカの経営者は 業績が上がらない(実績が伴わない)のに 株価だけを上げようとする 要するに 4兆ドルを 社債として 借りてきて 自社株を買うと 12兆ドル分の株価が上がる 差し引き 8兆ドルぶんは 経営者の手腕(嘘の手腕)として 自分の報酬を盗み取るわけだ 所が すでに 社債を発行して 自社株を買う金を 調達できなくなってきた ウソの業績(単に株価が高い)に 金は貸せない 3. そして中央の両端に赤い三角があることから、 中央のラインを現在と読めるような気がします。 今日のブログで投稿する予定だけど、2021の表紙の「木が燃えてる絵」を森林火災か、の衰退って予想してたけど、こういうことだったのか?🧐 — なっとぅ🌟@ nsdttru そして、皆さんに一番注目していただきたいのがスロットの下の部分です。

1

エコノミストの72%が、アメリカは2021年の終わりまでに不況に入ると考えている(BUSINESS INSIDER JAPAN) 赤かぶ

これまでAO(アドミッション・オフィス)入試と呼ばれていた面接や小論文で合否を判断する試験が「総合型選抜」と名称を変え、9月15日からスタートした。 調査は200人以上のエコノミストを対象に実施された。

14

世界経済は同時回復へ、来年3月から勢い増す- モルガン・スタンレー

イラストから、このスロットは 回っている途中と思われます。 もしくは監視社会を暗示しているとか。

4

世界経済は同時回復へ、来年3月から勢い増す- モルガン・スタンレー

最後の審判は2020年、死神の到来は3月11日、という解釈が可能です。 ご覧のように今回はスロットマシーンがモチーフだが、『世界はこうなる』編集者のトム・スタンデイジ氏によると、これには2021年の21という数字が関係しているという。

13

エコノミスト2021年の表紙は今年も匂わせがすごい(ちょっと考察あり)

ワクチンをしてもウイルスには勝てないという意味かもしれません。

7

2021年版エコノミスト誌表紙の意味解釈、考察どう読むか。予言が当たる都市伝説は本当?!

・共産主義は人間だれもが数十年で*で終わりで完全消滅だから 働かない金持ちと働く貧乏人との差があるのはオカシイと、 だからあるものすべてを均等に分配して食い*ということ しかし*だ先があるのかないのかは、優れた資産家や支配者だろうと貧乏で愚かであろうと 科学や霊能力がいくら進もうと、じつは*でみないと答えは得られないどこまでも信仰でしかない だからいくら共産主義国家が潰れようと、全体主義の日本人の意識から共産主義の夢を消し去ることは出来ない 共産主義と宗教どちらが正しいのかは、どこまでも個人の選択や信仰の自由でしかない そしてほとんどの現世の人にとって偉大な力を感じるのは、神さまよりもお金さま? 現代人の幸不幸は健康と運と個人の能力とお金さまの量で分かれる?しかしそのすべても神に見放されたら… 信仰者からすれば、現世とは個人の認識のみが計られつづける世界 だれも規定することはできない、なんでもやってみて時々の結果を確かめていけるだけ 千変万化する物質的結果の先はさらに解らない非物質世界、心の世界w. イラストの端に 残像が見えますよね。

2

【予言】エコノミスト 2020の表紙が強烈にヤバい! #2|Team YUAN|note

そして、日の丸が見えないのは日が沈む、つまり下がっているということで、 日本の衰退を表しているのではないかと思われます。 有名な作品に「アダムの創造」、「最後の審判」があります。

来春の受験生は「五重苦?」激変の大学入試の実態

情報系とともに人気が高まっているのは看護、リハビリテーションなどの保健衛生系だ。 ワクチンは正しくワクチンだけど、打ったらアカン 毒になる ってこと??最初から毒なのと、打った後に毒になるのとでは、どちらも毒には違いないのですが、このニュアンスは何か意味があるのかもしれませんね。

6

エコノミスト2021の表紙を自分なりに予測してみた【都市伝説】

「?」「$」「」「中国の国旗」があります。 新型コロナウィルスは中国から発症したと言う説があるので、そういう意味でも赤色っていうのはあり得るかもしれません。 関西学院大は19年から全学部生を対象に「AI活用人材育成プログラム」を展開。