産経 ニュース 韓国。 韓国教授が竹島絵本の画像改竄「アシカは日本に殺された」

対馬「韓国化」なお 訪日客激減でも土地買収止まらず

ただ、今回は企業でなく日本という国家に賠償を命じた。 陪席人のいない1対1の面談だったため、イム判事は「辞任理由がきちんと伝わったかどうかを後日、確認するために会話を録音した」(東亜日報、2月5日)という。 韓国与党「共に民主党」は今月14日、国会でビラ散布の禁止を柱にした「南北関係発展に関する法律」改正案を野党の反対を押し切って強行採決した。

14

対馬「韓国化」なお 訪日客激減でも土地買収止まらず

【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権と与党が北朝鮮に向けたビラ散布を禁じる法律を成立させたことについて「表現の自由を侵すものだ」と米国など国際社会から批判を浴びている。 しかし、受理はされず、その後2回に渡り、辞任を申し出たが一蹴されたと報じられた。

18

約束を破り続ける韓国 慰安婦判決

日本による昨夏の韓国向け輸出管理厳格化を受けた日本政府に対する印象の悪化に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で、盛んだった日本旅行もほぼ途絶えたことが印象悪化に拍車をかけたとみられている。

7

韓国教授が竹島絵本の画像改竄「アシカは日本に殺された」

林氏は加藤氏の裁判など複数の裁判に介入したとして職権乱用罪に問われ、19年に在宅起訴されたが、一審で無罪を言い渡された。 歴史論文ではなく法経済学的な論文だ。

12

「徴用工」問題で「日本に損害与えるな」との韓国人が3割超 日韓世論調査

徴用工でも慰安婦でも個人請求権が消滅しない限り、こうした被害者救済の判決は続くと思います」と政治絡みを否定した。

9

対馬「韓国化」なお 訪日客激減でも土地買収止まらず

産経新聞の当時の加藤達也ソウル支局長が同社ウェブサイトで書いた署名コラム「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?」(2014年8月3日)の内容が名誉毀損にあたるとして起訴された事件に関係する。 弾劾訴追案の議決書は憲法裁判所に提出され、同裁判所が弾劾の是非を決める。 弾劾事由は遡ること7年前。

【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】「慰安婦=性奴隷」否定の米教授への“魔女狩り” 罵声浴びせる韓国世論の異常さとは…

弾劾訴追案を提出した与党「共に民主党」の李誕熙(イ・タンヒ)国会議員は「弾劾訴追の実益は憲政秩序が設計された通りに動いていることを確認することにある」と強調。 続いて12月にはチョ・グク前法相夫人に一審で懲役4年の判決がでて、さらには、今年1月にも、やはりチョ前法相の息子のインターン証明書を偽造したとして青瓦台前民情室秘書官・「開かれた民主党」現代表が執行猶予付きの懲役8カ月となり、議員職剥奪の危機に陥っている。 裁判所へ先手を打って警告したというのが中道、保守派の大方の見方です」(同前) 知る権利は日本より保たれている キム・ミョンス長官の忖度発言で気になるのは、2018年10月30日の徴用工裁判についてだ。

18

約束を破り続ける韓国 慰安婦判決

当時の与党で、現最大野党の「国民の力」は「突拍子もない弾劾」と反発した。 「与党などの進歩層は一斉に、『盗聴は違反行為』とイム判事を批判しましたが、録音する者が会話に参加した場合は相手の同意なしの録音でも法律違反にはなりません。 成根(イム・ソングン)釜山高裁部長判事の弾劾訴追案を賛成多数で可決した。

判事の弾劾可決 産経元ソウル支局長裁判への介入疑惑=韓国史上初めて│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

また論文は、朝鮮人慰安婦たちが公娼制の下で募集された公娼で報酬があったことや、慰安所は許可制で検診が義務付けられていたといった事実を記述。

8