ライフ イズ テック レッスン。 福島県大熊町、オンラインプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を採用

奈良市とライフイズテック、EdTechを活用した教員向けプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」を奈良市の教員向けにスタート|ライフイズテック株式会社のプレスリリース

ライフイズテックレッスンは繰り返し学習することが出来るので、制作課題で躓いたときや、実技試験の前など、各自のペースで学習が進められることが大きなメリットです。 Lesson」を学校や自治体向けに開発・提供している。

7

四万十町、ライフイズテックのオンラインプログラミング教材「ライフイズテック レッスン」を採用

0社会では、社会の在り方が劇的に変わり、予測困難な時代を子供たちは生きることになると言われていましたが、新型コロナウイルスにより、その変化が一気に加速しました。

7

教員向けプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」が奈良市でスタート:EdTechZine(エドテックジン)

ライフイズテックは、デジタル教育によるイノベーション人材の育成を目指し、オンライン型のプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を学校や自治体向けに開発・提供しております。 <奈良市教育委員会 北谷 雅人教育長コメント> 今後到来するSociety5. Copyright c A Red Ventures Company. 四万十町では、子どもたちが将来にわたって自立できるよう、自ら学び、課題を解決しようとする力・社会を生き抜く力を養うことが重要と考え、ICTを活用した教育を推進。

17

高知県梼原町とライフイズテック、未来の学びを実現するプログラミング教育に関する連携協定を締結|ライフイズテック株式会社のプレスリリース

ライフイズテックは、デジタル教育によるイノベーション人材の育成を目指し、オンライン型のプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を学校や自治体向けに開発・提供しております。 ライフイズテックは、中・高生向けIT・プログラミング教育サービス「Life is Tech! また、 来年1月に初めて実施される「大学入学共通テスト」に、 2025年から「国語」や「数学」に並ぶ教科として「情報」の新設が検討されるなど、 社会の情報化の進展に主体的に対応できる力を育てる教育が広がりをみせています。 同プログラムでは、ICT指導に関する研修に加え、教員がプログラミングの仕組みを学び、自分でテーマを設定し、webサイトを作る体験を通して「地域課題を解決するIT人材」を授業の中で育成する方法やその前提となる学習観を習得する。

ライフイズテック、埼玉県の高校でEdTech教材「ライフイズテックレッスン」を採用

明日の宮津を担う「創る人づくり」に向けたプログラミング教育の推進を決定 宮津市教育委員会(京都府)とプログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)は、創造的な人材の育成を目的としたICT教育およびプログラミング教育拡充に向け、オンラインプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を、宮津市の市立中学校におけるプログラミング教育指導の一環として採用します。 (ライフイズテック)」を運営しています。 【「ライフイズテック レッスン for Teachers」概要】 (1)必須項目:IT人材育成の理念 (2)必須項目:授業でのオリジナルweb制作について (3)選択応用:先生のオリジナル開発体験 (4)選択応用:開発発表 教員向けプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」および 中学校・高校向けプログラミング指導教材「Life is Tech! [画像: ] ライフイズテックは、デジタル教育によるイノベーション人材の育成を目指し、オンライン型のプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を学校や自治体向けに開発・提供しております。

2

奈良市とライフイズテック、EdTechを活用した教員向けプログラミング研修「ライフイズテック レッスン for Teachers」を奈良市の教員向けにスタート

本プログラムではICT指導に関する研修に加え、教員自身がオンラインのプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を活用し、プログラミングの仕組みと「アイディアを形にすること」を学ぶ。 約1年で約1,000校の中学校・高校に採用されています。 変化を前向きに受け止め、主体的に課題解決に取り組み、最適解を生み出すことができる、そのような力の育成が謳われています。

10

宮津市、ライフイズテックのオンラインプログラミング教材「ライフイズテックレッスン」を採用(2020年12月3日)|BIGLOBEニュース

プログラミングをはじめ、 ネットワーク、 データの扱い方が学べる 全ての生徒がプログラミングのほか、 ネットワーク(情報セキュリティを含む)や、 Pythonを使ったデータの扱い方の基礎等について学習できる、 高校の新指導要領「情報I」の必修化に対応した教材。 【「ライフイズテックレッスン」の特長】 ・個別最適の授業を実現:一斉授業ではなく、生徒がそれぞれのペースで学習可能 ・コーディングを楽しく学べる:エピソードに合わせて、課題が出題、作品作りを通して学ぶ ・授業準備の手間がかからず、導入環境や設定もシンプル ・進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの先生向け授業支援ツールも提供 ・プログラミング必修化を背景にした中学技術科、高校情報科の新学習指導要領にも対応 【ライフイズテックについて】 私たちは、中学生・高校生向け IT・プログラミング教育サービス「Life is Tech! 本研修プログラムを提供することにより、先生方が得た知見を生かし、各学校でプログラミング学習を通じた「地域課題を解決するIT人材」育成につながる授業づくりを行うことができます。 2010年から現在まで、のべ5万2000人以上の中高生が参加。

11

ライフイズテック、新たに高等学校向けオンライン学習教材「ライフイズテック レッスン Pythonコース」を開発

また、進捗管理画面、指導案、補助教材、小テスト、評価指標などの教師向けの授業支援ツールも提供。